SSブログ

永見隆幸に聴く オーディションいろいろ [永見隆幸先生information]




オーディションについて、永見隆幸先生に、実に多くの質問が寄せられています。そこで、「オーディションいろいろ」と題し、あれこれ伺って行きたいと思います。





dad tak jim.JPG
永見隆幸先生(右)と 大学時代の恩師である音楽家のデューマス博士(中)学友のジム・ヘンリーさん(左)

ジム・ヘンリーさんは、BHS ア・カペラ・カルテット世界チャンピオン「クロスローズ」のベース、BHS ア・カペラ・コーラス世界チャンピオン「ジ・アンバサダーズ・オヴ・ハーモニー」の芸術監督、アメリカ中西部のハーバードと謳われるワシントン大学の音楽学部教授として知られています。





誠に恐れ入りますが 「写真や画像やロゴ等の転載は厳禁」ですので ご了承ください。
Sorry but the reproduction of the photograph and the logotype is strictly forbidden.





taka chief judge miisaki.jpeg
黒江美咲さん(右)永見先生(左)

毎週土曜日15:55にオン・エアーされている エフエム愛知のラジオ番組 FM AICHI 80.7「サウンド・ステップス」のレギュラーゲストが永見先生でパーソナテリティを務めるのが黒江美咲さん。黒江さんは、「好きなDJランキングFM部門」の「全国一位」に輝く実績を持っています!





taka adult auditionee.JPG
メリー・アーティスツ・カンパニーのオーディション風景





Q:オーディションとは、そもそも何ですか。

A:オーディション audition はご存知の通り英語で、アクセントは「ディ di 」にあります。その語源は、ラテン語 auditus アウディトゥス。意味は、「聴く」「聴覚」「噂」などです。日本では、オーディションと言えば、「芸術家や舞台人や芸能人を志望する者に対して、技量や適性を判断するために行う審査。」を指すことが多いと思いますが、聴く事、聴力、聴覚、聴取、試聴などの意味もあります。





tak crossroads2.JPG
BHS ア・カペラ・カルテット世界チャンピオン「クロスローズ」と歌う永見先生





Q:どんな分野でオーディションの審査がありますか。

A:ありとあらゆる分野でオーディションがあると言ってもよいでしょう。審査対象が、芸術分野においても芸能界においても、歌手、演奏家、オーケストラ・メンバー、バンド・メンバー、舞踊家、バレリーナ、ダンサー、俳優、女優、クリエーター、タレント、モデル、アイドル、声優、お笑い芸人ほか、多種多様、多岐に亘 わた るオーディションが存在しています。





tak crossroads3.JPG
BHS ア・カペラ・カルテット世界チャンピオン「クロスローズ」と歌う永見先生





Q:オーディションには、どんな目的がありますか。

A:公演のために出演者を選ぶオーディション、事務所の所属メンバーを選ぶオーディション、学校やアカデミーやスクールと呼ばれる養成所に入るためのオーディションなど、これも様々な目的があります。





taka teatoro regio torino.JPG
イタリアにて トリノ王立歌劇場 Teatro Regio di Torino に出演の永見先生





Q:学校、アカデミー、スクールなどと呼ばれる養成所に入るためのオーディションは、どのようなものですか。

A:一口に言うと入学試験のようなものです。お勧めするのは、しっかりと基本や基礎を教えてくれる所で、個性と癖 くせ の違いを明確に理解している指導者につくことです。先生が、プロデューサーとしては優秀だがディレクターとしてはさほどでもない、指導者としては立派なのに金銭に頓着 とんちゃく しないのでスタジオがパッとしないなど、色々なケースがありますので、総合的に見極めてください。大きい所がよいとも限りませんし、小さければよいというものでもなく、長くやっていればよいという事でもなければ、新しい所ならよいというものでもありません。有名か無名かでも、良し悪しは決められません。養成所によって教育方針が様々に異なるので、よく調べて、体験入学して、ご自分自身に合った所と指導者を選ばれる方がよいと思います。
いくら力量のある指導者についても、結局は本人次第です。取組む姿勢がよくなかったり、力が足りなかったりすれば、結果はついて来ません。





taka francesca teatro regio reception.JPG
イタリアにて トリノ王立歌劇場 Teatro Regio di Torino にて開催された歓迎レセプションで トリノ市文化担当評議員 Francesca Leon フランチェスカ・レオンさんと握手なさる永見先生





Q:事務所の「所属」メンバーを選ぶオーディションは、どのようなものですか。

A:事務所によって「所属」が何を意味するのかが大きく異なるので、先ずその辺 あた りを、よく調べて応募することが重要です。所属する人を大雑把 おおざっぱ に三つのランクに分けている所が多いですね。
第一のランクは、事務所が積極的に紹介している人や既によく知られている人で、ギャランティが発生します。第二のランクは、それなりに仕事が来る人や知名度は高くないものの力があって使える人で、相応のギャランティがあります。第三のランクは、形としては一応とりあえず所属しているという人で、ほかの収入が無いとやって行けません。殆どの人が第三ランクですから、現実は厳しいですね。事務所によっては、第三ランクの人しかいないという所も多いのです。
オーディションについても、技量や適性などを審査するという意味では同じですが、具体的に何を審査するかは、事務所によって千差万別 せんさばんべつ で、よく調べた方がよいでしょう。ちゃんとした事務所なら、どの事務所も有能な才能を発掘したいと本心から願っていますから、耳に心地よい美辞麗句 びじれいく が飛交 とびか いますが、やはり現実は厳しく、結局は、自分自身の力次第です。
養成所と同じで、大手、中小、有名、無名、老舗、新興、それぞれに長所短所や利点欠点の両面がありますから、よく調べ、よく考えて、自分自身に合った事務所を選ぶ事をお勧めします。
夢を抱くことは本当に大切ですが、現実にしっかり向き合うことも同じくらい大事だと思います。
しかし、オーディションの段階で力量不足であっても、「採っておくか一応」という幸運が転がり込む事も皆無ではありませんので、先ずは受けてみなければ、何事も始まらないですね。





taka wiener staatsoper feststiege.JPG
オーストリアにて ウィーン国立歌劇場 Wiener Staatsoper の永見先生





Q:公演のために出演者を選ぶオーディションは、どのようなものですか。

A:大劇場から小劇場まで、プロからアマチュアまで、音楽や舞踊や演劇などのジャンルによって、これも実に様々なオーディションが存在します。
審査会場も、公演する劇場と同じ劇場、公共の場所、主催者のスタジオや練習場など、色々です。大きな劇場で審査員が真っ暗闇の中にいて声は聞こえるものの姿が全く見えないというような緊張感に満ちた場もあれば、少人数で極めてカジュアルな審査を行う事もあり、これも様々です。
オーディション自体のこともよく調べるべきですが、肝心の公演自体についてもしっかり調べてからオーディションに臨んだ方がよいと思います。
例えば、主催者が公共団体の場合、無難ではあるものの、プロフェッショナルの公演から市民ミュージカルや市民オペラの類まで、実態が本当に様々ですから、その点を考慮に入れて応募した方がよいでしょう。主催者の名称が公共をイメージするものでも、実際は個人のカラーが強い所もあると耳にします。もちろん、そのこと自体が悪い訳ではありませんので、よく調べて納得した上でオーディションを受ける事をお勧めします。
公演の主催者も、大手、中小、有名、無名、老舗、新興、私的、公的、それぞれに長所短所や利点欠点の両面がありますから、よく調べ、よく考え、オーディションに応募なさる方がよいでしょうね。





taka musikverein wien.JPG
オーストリアにて ウィーン楽友協会 Wiener Musikverein ヴィーナー・ムジークフェラインの永見先生





Q:プロとアマチュアでは、オーディションのどこが違いますか。

A:プロフェッショナルは、「優れた能力と高い技術を持ったエキスパート」、「専門的に職業とする人」という意味です。対して、アマチュアは、「愛好家」、「趣味として行う人」という意味です。ですから、それに沿ったオーディションが行われます。
アマチュアのオーディションは、達成感や一体感、楽しみを追求するのが目的であることが多いので、そういう目で審査されます。それ故に、オーディションと言っても、全員が合格することも少なくありません。但し、本物志向の厳しいオーディションを行う所も皆無ではないので、ご注意を。
プロのオーディションは、優れた能力と高い技術を持ったエキスパートであるかどうか、少くとも専門的に職業とする資質があるか否か、そういう視点で審査されます。ですから、書類の段階から審査されていると考えて間違いありません。杜撰 ずさん な書類や記入漏れの多いものは、当然、審査対象から外されます。審査要項を読めば判るようなことを何度も聞いて来るような人は、台本を読解する能力も疑われますから、舞台を専門的な職業にするのは無理だと思われてしまいます。審査会場に入る前から始まっているのが、プロのオーディション。技量や適性は言うまでもなく、常識や人間性なども審査の対象です。怠りなく準備して行かなければ、合格は覚束 おぼつか ないと思った方がよいでしょう。





taka bayerische staatsoper.JPG
ドイツにて バイエルン国立歌劇場 Bayerische Staatsoper の永見先生





Q:ミュージカルのオーディションには、どのようなものがありますか。

A:主催者によって千差万別です。ミュージカルと一口に言っても、プロからアマチュアまで、表現力や技術を要求される高いレベルから学芸会レベルまで、実に色々なものがあります。音楽もダンスもプロでなければ手に負えないもの、音楽劇と表現した方がよいもの、殆どストレート・プレイに近いものなど多種多様です。何がよくて何が悪いという物ではありませんから、オーディションを受けるのでしたら、自分自身の力量に合った所で、何をしたいか、何が好きかによって選んだらよいのではないでしょうか。もちろん先々ステップ・アップすることも可能ですし、先ずは、一歩踏み出す事をお勧めします。





taka hochschule für musik münchen.JPG
ドイツにて ミュンヘン音楽大学 Hochschule für Musik und Theater München の永見先生





Q:オーディションの審査費用の有無については、何が違うのですか。

A:基本的に、プロのオーディションでは、審査費用が発生する所が殆ど無いのではないでしょうか。少くとも自分の知る限りでは、オーディション・フィーを払わなければならない所はありません。審査会場までの交通費等がかかるので審査費用くらいは免除しようという配慮と、審査費用に関する詐欺まがいの行為を防止するためだと言われています。
対してアマチュアは、職業として成立している訳ではないので、審査を受ける側の方々に、ある程度の金銭的な負担をお願いせざるを得ない場合が多いのです。





taka palais garnier façade.JPG
フランスにて パリ・オペラ座 L'Opéra de Paris の永見先生





Q:なぜチケット・ノルマがあるのですか。

A:芸術文化活動にせよ、エンタメ娯楽活動にせよ、捉え方によっては経済活動に当ります。キャストもスタッフも食べて行かなければなりません。楽譜や台本、衣装、小道具、大道具に至るまで、費用がかかります。ですから、舞台に立ちたいけれども、金銭の事は他人 ひと 任せという訳には行かないのです。出演料が貰えるキャストは、ほんの一握り、いや、ひとつまみと言ってもよいでしょう。「出演したらギャラがいただける」という甘いものではありません。黙っていてもチケットが売れて行くような人なら別かも知れませんが、自分自身のお客様を持っていなければ、プロの仕事にはなりません。アマチュアなら、お互いの舞台を観に行き、仲間うちで回して行くことはできるでしょう。それとても、長期にわたって継続することは、極めて困難です。技術的な力があっても、お客様がついていないという理由で舞台を諦める人は、実際に、たくさんいます。例え有名で大きな劇団に入っても、研修生で終わる人が殆どなのです。本人の意思が大事では無いとは言いませんが、舞台に立つことが出来るか否かは、結局、「お客様がお決めになること」という厳しい世界です。若い時からご贔屓 ひいき 様を大切にする姿勢を養うという意味でも、チケット・ノルマはキチンとクリアして行った方が、間違いなく力はつきます。ただし、無理は禁物。それでモメる時もありますので、自分自身の力が及ばない金額だと思ったら、出演を諦めた方が、色々な意味で後々のためになると思います。この世界も、最終的には、信用や信頼がモノを言うのですから。
夢を抱くことは本当に素晴らしい事です。しかし、それと同じ位、現実をしっかり直視することも大切です。いずれにせよ、お客様にお運びいただく努力を惜しむようでは、プロとしてやって行くのは非常に難しいでしょう。





taka teatro alla scala.JPG
イタリアにて ミラノ・スカラ座 Teatro alla Scala の永見先生





Q:オーディションは、たくさん受けた方がよいでしょうか。

A:人によります。基礎が出来ていて基本が身についている人は、たくさん受けて応用力を養うように心がける必要があります。しかし、実際、そんな人は多くは存在しません。逆に、力も無いのに舞台に立つ回数が多過ぎて、下手になっている現実を、本人だけが気づかないという「痛い」ケースも少なくないのです。使い勝手がよいだけで、使い回しされ、少しも力がつかないというケースも多く見受けられます。自分自身の力を過信せず、実力に見合った数のオーディションを着実にこなして行くという姿勢が望ましいでしょう。急がば回れ。何を置いても基礎と基本を身体に叩き込む事が最優先です。迷ったら、ひとりで抱え込んで悩まず、信頼できる指導者に助言を求める事が重要です。





taka opera de la bastille.JPG
フランスのパリにて オペラ・バスティーユ L'Opéra de la Bastille の永見先生





Q:東京と地方では、オーディションのレベルの差がありますか。

A:正直に言えば、レベルの差は、明らかに大きいと言わざるを得ません。情報網や交通網の発達によって、我々の世界も東京一極集中というのが現状です。東京には、全国各地から、場合によっては世界中から人が集って来ますから、競争も激しく、レベルが違って当り前でしょう。
もちろん、東京が全部よくて地方が全くダメなのではありません。どこにでも、「井の中の蛙 かわず 大海を知らず」を地で行く人はいます。地方にも、ごく少数ですが、凄い人や素晴らしい公演が存在しない訳ではありません。東京には、レベルの高い人も公演も多いのですが、人数が多い分、レベルの低い物も、思いの外 ほか たくさんあります。





taka theater an der wien.JPG
オーストリアにて アン・デァ・ウィーン劇場 Theater an der Wien の永見先生





Q:オーディションを受けるのが不安なのですが、どうしたらよいでしょう。

A:誰でも不安です。自分にも、心臓が飛び出るかと思った時もありましたし、眠れない日もありました。誰でも緊張するし、不安なのです。でも、一歩踏み出さなければ、夢に近づくことは出来ません。考えてもみてください。もし審査に通らなかったとしても、何が変るのでしょう。何も変りません。それどころか、オーディションによって得る事もあるし、学ぶ所も多いのです。再チャレンジもできます。違うオーディションにアタックするのもよいでしょう。力試し、運試しだと思って受けてください。
そもそも、何故オーディションが行われるのでしょうか。それは、オーディションを開催する人々が人材を求めているからです。採用したいから、オーディションが存在するのです。先ずは、一歩を踏み出してください。





taka casa di riposo per musicisti.JPG
イタリアのミラノにて カーザ・ディ・リポーゾ・ペル・ムジチスティ 音楽家達の憩いの家 Casa di Riposo per Musicisti Giuseppe Verdi の永見先生





Q:オーディションの準備について、何に気をつけなければならないでしょうか。

A:怠りなく、考えられることは全て実行してください。しかし、オーディション対策だけ頑張ってみても仕方ありません。いかに中身の濃い練習をどれだけして来たか、それが明確にオーディションには出ます。その人がどんな人生を過ごして来たか、その全てが舞台に出てしまうのです。優秀な審査員は、それを見逃しません。普段の生き方が最も大切なのです。
具体的に言えば、既に書類からオーディション審査が始まっていると考えなくてはなりません。杜撰 ずさん な書類や記入漏れの多い書類は、審査の対象にもして貰えない場合があります。しかし、書類を記入するのに、字が下手でも余り気にしなくてよいでしょう。もちろん、読めなかったり、汚いという印象を与えたりするようではいけませんが。必要以上に背伸びをし過ぎる必要もないと思います。
審査員からの質問に備えておくことも重要です。想定問答を考えるのもよいかも知れませんね。限られた時間の中で、どれだけの受答えが出来るかの勝負です。たいていの審査員は、しっかり応答できるか、突発的な質問に対応できるか、具体的な理由を述べられるか、常識があるか、きちんと自分自身の魅力を過不足なく伝えられるか、というような所を重視しています。オーディションに限らず、自己紹介は、いつどこででも出来るようにしておく方が望ましいですね。特技を用意できればポイントは更に高いでしょう。
極めて限られた時間に審査が行われるので、何が起きるか判りません。想定していないことが起こった時に、失敗したと思って慌てないでください。
あるオーディションでの話、自分の前に審査を受けた人が、一曲を頭から終りまで歌ったのですが、自分は曲の途中から歌い出すように指示され、8小節を歌った所でカットされました。これは駄目だと覚悟しましたが、結果は合格。何と自分の前に歌った人は不合格でした。
審査員が何を見ているか、現場ではよく判らないこともあります。一喜一憂せず、最後まで力を抜かずに頑張ってください。
服については、主に、身だしなみを見ていることが多いと思います。だらしなくないか、自分自身に合った服装か、自分自身の魅力を引出すような着こなしをしているか、などに注意するとよいでしょう。
実技試験については、実力以上のものは出ませんから、日頃の鍛錬 たんれん が全てです。冒頭でも述べましたが、いかに中身の濃い練習をどれだけして来たか、それがオーディションには明確に出ます。その人がどんな人生を過ごして来たか、その全てが舞台に出てしまうのです。優秀な審査員は、それを見逃しません。普段の生き方が最も大切なのです。
色々述べましたが、審査する側に立って考えると、質問によっては、意外に簡単に答えを導き出せるかも知れません。何故オーディションを行うのか、それは、素晴らしい人材を求めてやまないからです。
あなたが主催者だったら、あなたが審査員だったら、どんな人を採用したいと思いますか。





tak ben.JPG
ベン・ハートリー Ben Hartley (左)永見隆幸 NAGAMI Takayuki(右)

ベン・ハートリー
Ben Hartley

英国出身、米国ニューヨーク在住。
プロフェッショナル・ミュージカル俳優、ダンサー、シンガーとして、ブロードウェイ、ウエストエンド、日本、北米、ヨーロッパなど、世界各地の舞台に立つ。
主な出演作品は、トニー賞のマシュー・ボーン『白鳥の湖 Swan Lake』王子役、『シンデレラ Cinderella』『ザ・カーマン The Car Man』、ブロードウェイ&ウエストエンドのミュージカル『リトル・マーメイド The Little Mermaid』『アンコール!Encores!』『ハロー・ドーリー!Hello Dolly!』『チキ・チキ・バン・バン Chitty Chitty Bang Bang』『屋根の上のバイオリン弾き Fiddler on the Roof フィドラー・オン・ザ・ルーフ』『フォリーズ Follies』『キャッツ Cats』『フォッシー Fosse』『ザ・モスト・ハッピー・フェラ The Most Happy Fella』『ペンザンスの海賊 Pirates of Penzance パイレーツ・オヴ・ペンザンス』ほか。
イングリッシュ・ナショナル・バレエやメトロポリタン・オペラ・バレエにも出演。
振付作品には、『ヘアースプレー Hairspray』『ジプシー Gypsy』『フェーム Fame』『野郎共と女達 Guys and Dolls ガイズ・アンド・ドールズ』『キャバレー Cabaret』『グリース Grease』『ユーリンタウン Urinetown 小便街』などがある。
ニューヨークのBDCをはじめとして全米とイギリスをはじめとするヨーロッパのダンス・スクールやミュージカル・スクールなどでゲスト講師を務める。
TBE ザ・ブロードウェイ·エクスペリエンス主宰





precautionary measures 2 tak.jpg
永見隆幸
NAGAMI Takayuki

音楽家 著作家 舞台ディレクター
Musician Writer & Stage Director

20歳代はアメリカに住み、30歳代の殆どを欧米で過ごし、国際的な実力派アーティストとして活躍。クラシック、現代音楽、ジャズを中心に数々のオーケストラと共演する。

モーツァルトなどの独墺系オペラをはじめ、ビゼー『カルメン』ホセ、ヴェルディ『椿姫』アルフレード、プッチーニ『ラ・ボエーム』ロドルフォほか、オペラやオペレッタの主演多数。
ミュージカルでも、『ガイズ&ドールズ』ネイサン、『ラ・マンチャの男』ドン・キホーテ、『アニーよ銃をとれ オリジナル版』フランク、『キス・ミー・ケイト』フレッドなど数多くの主演を務め、『キャバレー』MCや『アニー』ウォーバックスなど、ユニークな役も演じている。

数多くのコンサートでソリストを務め、指揮者や指導者としても定評がある。
日本では、文化庁芸術祭主催公演やNHKクラシック・スタジオなどに出演。

音楽家のデューマス博士が「アメリカ大学時代から彼はずっとスターだった」と語るように、BHSア・カペラ世界チャンピオン "Crossroads" との共演やトリノ王立歌劇場への出演など、脚光を浴びている。

メリー・アーティスツ・カンパニーにおいて、全公演の芸術監督と、『ザ・ヴォイス Frank Sinatra』フランク・シナトラ役、『ラプソディーdeパパ』ジョージ・ガーシュウィン(ガーション)役、『ベリー・メリー・クリスマス』アーヴィング・バーリン役、『BOBBY』ボビー・ダーリン役ほか、多くの主役を務めた。

ジャズでは、スタンダードの歌唱が心に残ると言われ、ビッグ・バンドと渡り合う圧倒的な存在感、美しいヴェルヴェット・ヴォイス、抜群の表現力が、高い評価を得ている。
メリー・アーティスツ・ジャズ・オーケストラのリード・ヴォーカル。CD『My Blue Heaven』『Joyful Christmas』などをリリース。

東海地方においても活躍。名古屋市芸術創造センター開館30周年記念公演『Mr.ブロードウェイ』で主演のジョージ・M・コーハン役、名古屋市民芸術祭主催公演『マイ・ブルー・ヘヴン』では指揮者のみならず上等兵の英霊とジャズ・シンガーの二役を務め、絶賛された。毎週土曜日15:55放送のラジオ番組 FM AICHI 80.7「サウンド・ステップス」のレギュラー・ゲストとしても知られる。

天才肌で芸術家気質の行動人、論理的かつ哲学的な思惟の人、という二つの面を併せ持つと文芸評論家の清水信に評された。芸術評論家の馬場駿吉は、「永見隆幸は多面体、その核心には強い自由の希求がある。」と述べている。芸術家として様々な顔を持ちながら、話題性や知名度に関心を示さず、謎に包まれたアーティストして知られる。
著書に、『銀の光輝-しろがねのこうき』(NG出版)など。

現在、メリー・アーティスツ・カンパニー芸術監督、ザ・ディライトフル・カンパニー Artistic Director、東京二期会 会員、ほか。





ジョージ М コーハン役を演じる『Mr. ブロードウェイ』での永見先生


taka mr.broadway2.JPG


taka mr.broadway5.JPG


taka mr.broadway1.JPG





taka the voice frank sinatra 1.JPG

フランク・シナトラ Frank Sinatra 役を演じる『ザ・ヴォイス The Voice』での永見先生


taka the voice frank sinatra 2.JPG



taka the voice frank sinatra 5.JPG
"アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン I've Got You Under My Skin あなたはしっかり私のもの"と"ザ・レイディ・イズ・ア・トラムプ The Lady Is a Tramp レディは気まぐれ/気まぐれレディ"を歌う"The Voice"フランク・シナトラ役の永見先生





taka the voice frank sinatra 3.JPG
"カム・フライ・ウィズ・ミー Come Fly with Me"を歌う"The Voice"フランク・シナトラ役の永見先生





taka the voice frank sinatra 7.JPG
"マイ・ウェイ My Way"を歌い上げる"The Voice"フランク・シナトラ役の永見先生





taka the voice frank sinatra 6.JPG
"ニューヨーク・ニューヨーク Theme from New York, New York"を熱唱する"The Voice"フランク・シナトラ役の永見先生





taka majo.jpg
メリー・アーティスツ・ジャズ・オーケストラ MAJO 帝国ホテル東京 ディナー・ショウ
永見先生は メリー・アーティスツ・ジャズ・オーケストラ MAJO の リード・ヴォーカル





taka blue skies.JPG
"ブルー・スカイズ Blue Skies"を歌うアーヴィング・バーリン Irving Berlin 役の永見先生



taka irving berlin.JPG
孤児エンジェルに出会うアーヴィング・バーリン Irving Berlin 役の永見先生



tak alexander's ragtime band.JPG
"アレグザンダーズ・ラグタイム・バンド Alexander's Ragtime Band"を歌うアーヴィング・バーリン Irving Berlin 役の永見先生



taka god bless america 1.JPG

"ゴッド・ブレス・アメリカ God Bless America 神よアメリカに御加護を"を歌い且つ指揮するアーヴィング・バーリン Irving Berlin 役の永見先生

taka god bless america 2.JPG



taka cheek to cheek.JPG
"チーク・トゥ・チーク Cheek to Cheek 頬を寄せて"を歌うアーヴィング・バーリン Irving Berlin 役の永見先生



taka they say it's wonderful.JPG
"ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフル They Say It's Wonderful 素適だと皆が言う"を歌うアーヴィング・バーリン Irving Berlin 役の永見先生



taka puttin' on the ritz 1.JPG

"プティング・オン・ザ・リッツ Puttin' on the Ritz 踊るリッツの夜"を歌い踊るアーヴィング・バーリン Irving Berlin 役の永見先生

taka puttin' on the ritz 2.JPG





taka white christmas.JPG
"ホワイト・クリスマス White Christmas"を歌うアーヴィング・バーリン Irving Berlin 役の永見先生





taka there's no business like show business.JPG
"ゼァズ・ノー・ビジネス・ライク・ショウ・ビジネス There's No Business Like Show Business ショウほど素敵な商売はない"を歌うアーヴィング・バーリン Irving Berlin 役の永見先生





taka happy holiday.JPG
舞台センターで白の燕尾に身を包み"ハッピー・ホリディ Happy Holiday"を歌うアーヴィング・バーリン Irving Berlin 役の永見先生




taka I'll build a stairway to paradise.JPG
"天国への階段を創ろう I'll Build a Stairway to Paradise"を歌う Mr.G ことジョージ・ガーシュウィン George Gershwin 役の永見先生



tak someone to watch over you.JPG
"サムワン・トゥ・ウォッチ・オゥヴァー・ミー Someone to Watch over Me やさしき伴侶を/誰かが私を見つめてる"を歌う Mr.G ことジョージ・ガーシュウィン George Gershwin 役の永見先生



taka swanee.JPG
"スワニー Swanee"を歌う Mr.G ことジョージ・ガーシュウィン George Gershwin 役の永見先生



taka clap yo' hands.JPG
"クラップ・ヨゥ・ハンズ Clap Yo' Hands 手をたたこう"を歌う Mr.G ことジョージ・ガーシュウィン George Gershwin 役の永見先生



taka summertime.JPG
"サマータイム Summertime"を歌う Mr.G ことジョージ・ガーシュウィン George Gershwin 役の永見先生



taka I got rhythm.JPG
"アイ・ガット・リズム I Got Rhythm"を歌う Mr.G ことジョージ・ガーシュウィン George Gershwin 役の永見先生





taka rhapsody de papa.JPG
永見隆幸&メリー・アーティスツ・カンパニー公演ミュージカル・コメディ『ラプソディー de パパ ~ Rhapsody de PAPA』





taka sara.JPG
『サラ・ベルナールを讃える歌』を歌う公爵 Duc 役の永見先生





taka conducts majo 1.JPG
"マイ・ブルー・ヘヴン序曲 My Blue Heaven Overture"を指揮する永見先生



taka lover come back to me.JPG
"ラヴァ―・カム・バック・トゥ・ミー Lover Come Back to Me 恋人よ我に帰れ"を歌うジャズ・シンガー役の永見先生(一人二役)



taka my blue heaven.JPG
"マイ・ブルー・ヘヴン My Blue Heaven"を歌う上等兵英霊役の永見先生(一人二役)



taka goin' home.JPG
霊歌/スピリチュアル"ゴーイング・ホーム Goin' Home 家路/遠き山に日は落ちて"を歌う上等兵英霊役の永見先生(一人二役)



taka conducts majo 2.JPG
指揮者を務める永見先生





taka bobby.JPG
ボビー・ダーリン Bobby Darin 役の永見先生





誠に恐れ入りますが 「写真や画像やロゴ等の転載は厳禁」ですので ご了承ください。
Sorry but the reproduction of the photograph and the logotype is strictly forbidden.

Photo:TES OSAKA





永見隆幸2020オーディションを語る
 ↓
https://merry-3.blog.ss-blog.jp/2020-02-04
 ↑
Merry Artists Company 2020 audition


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website


永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI


メリー・アーティスツ・ジャズ・オーケストラ
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/merry_orchestra.html
 ↑
This is MAJO!


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ?


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑ 
MAC Website Manager