SSブログ

永見隆幸 河豚料理 納屋天 再訪 令和三年二月 [永見隆幸 飲食店]




音楽家、著作家、舞台ディレクターの永見隆幸先生が、河豚 ふぐ 料理の納屋天 なやてん を再訪されました。





nayaten 1.jpg
納屋天店主の近藤さん=メリー・アーティスツ・カンパニーの公演に毎回来てくださっている大切なお客様





納屋天は、元々、一見お断りの名店ですが、コロナ下では、何と、一組しか予約を受付けていません!

もちろん、コロナ対策も、万全です。





nayaten 2.JPEG
食事の最中にお話をなさる時は 宮脇賣扇庵 みやわきばいせんあん の 漆喰扇子 しっくいせんす で口元を隠される 永見先生

宮脇賣扇庵の漆喰扇子は、扇面の両側に、抗ウイルス抗菌機能のある漆喰が塗布されています。成分は、強アルカリ性ですが、表層が空気中の二酸化炭素と反応して中性化しており、手に触れても問題なく使用できるという優れ物です。





nayaten 3.jpg
口取





nayaten 5.JPEG





nayaten 6.jpg


nayaten 7.jpg





nayaten 8.jpg
鉄鎖 てっさ


nayaten 10.jpg


nayaten 11.jpg





nayaten 12.jpg





nayaten 15.jpg


nayaten 16.jpg


nayaten 17.jpg





nayaten 20.jpg
鉄皮 てっぴ


nayaten 21.jpg


nayaten 22.jpg





nayaten 23.JPEG


nayaten 25.jpg

nayaten 26.JPEG





nayaten 27.jpg





nayaten 28.jpg
鉄鎖を冷たい河豚の白子に巻いていただくという贅沢な一品。永見先生にしか出していただけません。


nayaten 30.jpg





nayaten 31.jpg





nayaten 32.jpg


nayaten 33.jpg





nayaten 35.jpg





nayaten 36.jpg





nayaten 38.jpg
河豚白子


nayaten 50.jpg


nayaten 51.jpg





nayaten 52.jpg





nayaten 53.jpg





nayaten 55.jpg





nayaten 56.jpg
熱過ぎず食べごろで絶品の巨大河豚白子





nayaten 57.jpg
椎茸


nayaten 60.jpg


nayaten 61.jpg





nayaten 58.jpg
鉄ちり





nayaten 63.jpg


nayaten 65.jpg



nayaten 66.jpg





nayaten 67.jpg





nayaten 68.jpg





nayaten 70.jpg





nayaten 71.jpg
豆腐





nayaten 72.jpg





nayaten 73.jpg
榎茸


nayaten 75.jpg


nayaten 76.jpg





nayaten 77.jpg


nayaten 78.jpg
一番右側の スープに潜らせた鉄皮は とろけるような柔らかさ!





nayaten 80.jpg





nayaten 81.jpg
白菜


nayaten 82.jpg





nayaten 85.jpg


nayaten 86.jpg





nayaten 83.jpg
春菊


nayaten 87.jpg





nayaten 88.jpg





nayaten 100.jpg
昆布





nayaten 101.jpg
河豚雑炊





nayaten 102.jpg



nayaten 103.jpg





nayaten 105.jpg





nayaten 106.jpg


nayaten 107.jpg


nayaten 108.jpg





nayaten 110.jpg





永見先生に、納屋天について伺いました。


納屋天の凄さは即ち、下拵 したごしらえ や 仕込の凄さです。もちろん極上の河豚を使っていることは言うまでもありません。鉄ちりのスープは、薄味で全く雑味がない。鉄刺は、逆目に包丁を入れるせいか、他の河豚の刺身と同一に語れない旨さと歯応えです。白子も絶品。火の入れ具合が見事で、下拵の血抜きや温度管理も完璧。実に丁寧な仕事で、何をいただいても美味しい。
そして、飄々 ひょうひょう とした近藤さんの持成 もてな しが、一層、食事を楽しいものにしてくれます。





nayaten 111.jpg


nayaten 112.JPEG


nayaten 116.jpg





ご贔屓様のお招き、舞台の打合せなど、美味しいものを召上る機会の多い永見先生…

高級な料理しか口になさらないのかと思いきや、何でも召上ります。

永見先生曰 いわ く「人間も食物連鎖の中に居て、動物や植物の命をいただいて生きているのですから、アレルギーや病気なら仕方ありませんが、感謝して何でも有難く食すべきです。腕利きの職人による高級食材を用いた料理も、家庭料理も、B級グルメも、楽屋弁当も、それぞれに異なる美味しさがあって、自分は、いずれも楽しんで口に運んでいます。」

いや、流石です!





nayaten 117.JPEG
永見隆幸
NAGAMI Takayuki


音楽家 著作家 舞台ディレクター

20歳代はアメリカに住み、30歳代の殆どを欧米で過ごし、国際的な実力派アーティストとして活躍。クラシック、現代音楽、ジャズを中心に数々のオーケストラと共演する。

モーツァルトなどの独墺系オペラをはじめ、ビゼー『カルメン』ホセ、ヴェルディ『椿姫』アルフレード、プッチーニ『ラ・ボエーム』ロドルフォほか、オペラやオペレッタの主演多数。
ミュージカルでも、『ガイズ&ドールズ』ネイサン、『ラ・マンチャの男』ドン・キホーテ、『アニーよ銃をとれ オリジナル版』フランク、『キス・ミー・ケイト』フレッドなど数多くの主演を務め、『キャバレー』MCや『アニー』ウォーバックスなど、ユニークな役も演じている。

数多くのコンサートでソリストを務め、指揮者や指導者としても定評がある。
日本では、文化庁芸術祭主催公演やNHKクラシック・スタジオなどに出演。

音楽家のデューマス博士が「アメリカ大学時代から彼はずっとスターだった」と語るように、BHSア・カペラ世界チャンピオン "Crossroads" との共演やトリノ王立歌劇場への出演など、脚光を浴びている。

メリー・アーティスツ・カンパニーにおいて、全公演の芸術監督と、『ザ・ヴォイス Frank Sinatra』フランク・シナトラ役、『ラプソディーdeパパ』ジョージ・ガーシュウィン(ガーション)役、『ベリー・メリー・クリスマス』アーヴィング・バーリン役、『BOBBY』ボビー・ダーリン役ほか、多くの主役を務めた。

ジャズでは、スタンダードの歌唱が心に残ると言われ、ビッグ・バンドと渡り合う圧倒的な存在感、美しいヴェルヴェット・ヴォイス、抜群の表現力が、高い評価を得ている。
メリー・アーティスツ・ジャズ・オーケストラのリード・ヴォーカル。CD『My Blue Heaven』『Joyful Christmas』などをリリース。

東海地方においても活躍。名古屋市芸術創造センター開館30周年記念公演『Mr.ブロードウェイ』で主演のジョージ・M・コーハン役、名古屋市民芸術祭主催公演『マイ・ブルー・ヘヴン』では指揮者のみならず上等兵の英霊とジャズ・シンガーの二役を務め、絶賛された。毎週土曜日15:55放送のラジオ番組 FM AICHI 80.7「サウンド・ステップス」のレギュラー・ゲストとしても知られる。

天才肌で芸術家気質の行動人、論理的かつ哲学的な思惟の人、という二つの面を併せ持つと文芸評論家の清水信に評された。芸術評論家の馬場駿吉は、「永見隆幸は多面体、その核心には強い自由の希求がある。」と述べている。芸術家として様々な顔を持ちながら、話題性や知名度に関心を示さず、謎に包まれたアーティストして知られる。
美術にも造詣が深く、「目利き」「見巧者 みごうしゃ」と謳われている。
著書に、『銀の光輝-しろがねのこうき』(NG出版)など。

現在、メリー・アーティスツ・カンパニー芸術監督、ザ・ディライトフル・カンパニー Artistic Director、東京二期会 会員、ほか。





永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


永見隆幸オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager