SSブログ

永見隆幸 成田山大聖寺 再訪 [永見隆幸先生information]




音楽家、著作家、舞台ディレクターの 永見隆幸先生が成田山大聖寺を再訪されました。





naritasan 1.jpg
成田山大聖寺 宮本照剛主監(左)永見隆幸先生(右)

宮本主監は御年九十歳。矍鑠 かくしゃく としておられます。めでたく卒寿 そつじゅ を迎えられました。





naritasan 2.jpg
護摩祈祷札を手になさる永見先生





naritasan daishoji.jpg
明王門より望む本堂





naritasan 3.jpg
本堂正面には、御護摩修行者氏名の記された木札が掲げられています。





naritasan essay.jpg
永見先生が成田山大聖寺発行誌の「教苑」に寄稿された文章





naritasan 5.jpg





永見先生の護摩祈祷札には「御礼御修行」とありました。私には、その意味するところが理解できませんでしたので、先生に伺いました。


スタッフ:
御礼御修行とは、何ですか。

永見先生:
御礼の部分は願意、判り易く言えば、お願い事です。


スタッフ:
御礼が願意になるのですか。

永見先生:
立派な願意です。願意には、色々な考え方があります。自分は、自己の利益を願う事が得意ではありません。この世に生かされている事自体が、不思議であり、奇跡のような有難い事と捉えていますので、神仏に感謝の誠を捧げるという意味で、願意を「御礼」にしています。


スタッフ:
商売繁盛や家内安全を願意にする事はいけないのでしょうか。

永見先生:
それを是とする神社や寺院があるのですから、全く構わないと自分は考えます。神仏の広大無辺の御心は、我々煩悩具足の輩を救うことにあるとされています。ただ、行き過ぎて自縄自縛になっては本末転倒なので、迷信や占いに束縛されぬように気をつけなければなりません。同時に、心の世界の事ですから、排他、強制、独善も、あってはならないことだと考えます。つまるところ「己 おのれ の道は自分自身で切拓 きりひら かなくてはならぬ」という真実も変らないのではないでしょうか。





naritasan 6.jpg





永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ?


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager