SSブログ
永見隆幸 扇子 ブログトップ

永見隆幸 荒井文扇堂 再訪 浅草 文扇堂 扇子団扇専門店 江戸扇子 [永見隆幸 扇子]



音楽家、著作家、舞台ディレクターの永見隆幸先生が、東京 浅草にある扇子と団扇を専門に扱う老舗の名店「荒井文扇堂」を再訪されました。



taka bunsendo1.jpg





taka bunsendo2.jpg

文扇堂の店内にある庭

taka bunsendo3.jpg





taka bunsendo6.jpg

ホテル暮しの永見先生

taka bunsendo7.jpg





taka bunsendo5.jpg

京扇子にも勿論よい物はありますが 江戸扇子なら荒井文扇堂と永見先生の太鼓判!

taka bunsendo8.jpg





永見隆幸 荒井文扇堂 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.ss-blog.jp/2020-08-01-1
 ↑
Takayuki Nagami visits Arai-Bunsendo


永見隆幸の最新プロフィールはコチラ!
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ?


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑ 
MAC Website Manager

永見隆幸 宮脇賣扇庵 訪問 京扇子 老舗 京都 六角富小路 [永見隆幸 扇子]




音楽家、著作家、舞台ディレクターの永見隆幸先生が、京都の六角富小路にある京扇子の老舗「宮脇賣扇庵」を訪問されました。


永見先生が仰 おっしゃ るには、京扇子と言えば、宮脇賣扇庵。そして、小牧和彦さん。江戸扇子ならば、荒井文扇堂。だそうです。





tak miyawaki1.jpg





宮脇賣扇庵は、近世の町屋そのままの店舗と共に、京の歴史と風格を体現した店と言われています。江戸時代より、殆ど全ての品を、自力で仕上げて来たそうです。三代目が飾り扇を考案した後も、その伝統と技法は今日に継承されて来ました。手触りや開き具合、重さ、使い勝手など、美しさと一体になった扇作りは高い評価を受けています。 扇面の多彩な絵はオリジナルで、その多くが手描きで仕上げられているそうです。





tak miyawaki2.jpg





扇子は八十七回職人の手を通ると言われ、その工程は二十余に分れているそうです。大別すると、扇骨作り、扇面作り、扇骨と扇面を組合せる仕上げ作業です。時を経るに従って、職人の確保が難しくなっているそうですが、宮脇賣扇庵は、優れた職人とその技術を確保し、熱意をもって技術継承に取組んでいらっしゃいます。





tak miyawaki3.jpg





京扇子と呼ぶことが出来る品は、京都扇子団扇商工協同組合の組合員が、扇面、扇骨、仕上加工まで国内生産した物だけだそうです。宮脇賣扇庵は、宮内省御用達の名店としても知られています。





tak miyawaki5.jpg





創業は文政六年=1823年(仁孝天皇 江戸時代 第十一代将軍徳川家斉)。美濃国出身の初代が、近江屋新兵衛の株を買受けて創業しました。以来、現在の場所から殆ど動いていません。蛤御門の変で全焼し、少し西に移りましたが、同じ大黒町にあります。現在の屋号は、書画を嗜み、文人墨客とも深い交流があった三代目新兵衛の時、明治二十年=1887年、日本画家の富岡鉄斎に、賣扇桜という京の銘木に因んで名付けられたそうです。 商標の美也古扇 みやこせん は冷泉為紀 れいぜい ためもと の筆によります。





tak miyawaki6.jpg





百有余年を経た店舗は、往時の商家の名残をその儘に留め、店内には古扇の資料が数多く見られます。





tak miyawaki7.jpg





tak miyawaki8.jpg





tak miyawaki10.jpg





扇の誕生は平安時代の初期。最初の扇子は「檜扇 ひおうぎ」と呼ばれ、木簡 もっかん という細長く薄い木の板を綴り合わせたものでした。その後、形状が洗練の度を増し、扇面は上絵で飾られ、宮中女子の間に広まりました。続いて竹や木を骨として、片面にだけ紙を貼った「蝙蝠扇 かわほり」という紙扇が登場しました。これは、扇を開いた形が蝙蝠 こうもり の羽を広げた姿に似ているからとも言われています。平安時代後期になると、扇の骨に透し彫をした「皆彫骨 みなえりぼね」や「透扇 すかしおうぎ」、「切透扇 きりすかしおうぎ」などが生れ、扇子も多様化しました。





tak miyawaki11.jpg





鎌倉時代になると、禅僧らによって扇は中国へ渡りました。そこで紙を両面に貼る形に変わり、室町時代に「唐扇 からおうぎ」として逆輸入され、日本の扇にも用いられるようになりました。現代の日本の扇の基本になる形が確立したのもこの時代です。江戸時代に入ると、扇作りは、冠、烏帽子 えぼし 作りと共に「京の三職 さんしき」として栄え、庶民の日常生活にも普及。江戸時代後期になると、扇はインドやルイ王朝のヨーロッパにまで伝播 でんぱ したのです。





tak miyawaki12.jpg





扇は人生の節目に登場します。初めての宮参りで扇を奉納することに始まり、三歳、五歳、七歳の祝事の神詣では必ず扇を持ちました。七歳になると、童用扇を持つようになります。京都では十三歳になると行う「十三参り(知恵参り)」を境に、扇も大人用に変わりました。大人になって、好みの扇子や家独特の扇子を持つことが許されたのです。
扇子は、現在も、茶道、舞踊、能、狂言、歌舞伎、落語、投扇興、結納、結婚式など、多くの場面で活躍しています。





tak miyawaki15.jpg





額装されているのは富岡鉄斎の書





tak miyawaki16.jpg





永見先生の後ろに素適な中庭





tak miyawaki17.jpg


tak miyawaki18.jpg


tak miyawaki20.jpg





二本の扇子はお手洗の印


tak miyawaki21.jpg
永見先生の左のお足元に配 あしら われているのは勝虫(蜻蛉)





tak miyawaki22.jpg
いよいよ御来賓御入口より店内に





tak miyawaki23.jpg


コロナ感染予防でペットボトルのお茶をご馳走に


tak miyawaki25.jpg


tak miyawaki26.jpg





tak miyawaki27.jpg


tak miyawaki28.jpg


tak miyawaki30.jpg





tak miyawaki31.jpg





いざ二階へ





tak miyawaki32.jpg


tak miyawaki33.jpg


この青海波 せいがいは の一つ一つの文様は、扇子に見立てられているのかもしれません。


tak miyawaki35.jpg





tak miyawaki36.jpg


tak miyawaki37.jpg





tak miyawaki38.jpg


tak miyawaki50.jpg


tak miyawaki51.jpg


tak miyawaki52.jpg


tak miyawaki53.jpg
巨大な親骨のオブジェ





tak miyawaki55.jpg





永見隆幸先生は、宮脇賣扇庵の扇子について、よくご存知です。特に、煤竹の扇子や投扇興の道具にお詳しいので、是非、改めて特集記事を書かせていただきたいと望んでおります。





tak miyawaki56.jpg





明治三十五年、鉄斎、栖鳳 せいほう、直入 ちょくにゅうなど京都画壇の巨匠 四十八画伯よって描かれた扇の絵柄を配 あしら った天井画が残され、東都著名画家十二人による扇画面と共に、大切に保存されています。


重要文化財の指定も受けているそうです。





賣扇庵天井画.jpg





中二階の和室にも沢山の展示品





tak miyawaki57.jpg


tak miyawaki58.jpg





tak miyawaki60.jpg


投扇興の道具や扇面の掛け軸なども見られます。


tak miyawaki61.jpg





二階の展示室は、さながら、扇子の博物館。





tak miyawaki62.jpg





移築前の旧店舗から受継いだ欄間やランプなど、歴史を語る様々な調度を楽しむことが出来ます。





tak miyawaki63.jpg





四条派の流れをくむ紀廣成 きの ひろなり の大作や、名立たる作家による寄書きや掛軸なども残されています。 これらの収蔵品は、貴重な美術作品として宮脇賣扇庵の扇作りに活かされています。





tak miyawaki65.jpg





三代目新兵衛は、大正六年=1917年に、初代から集められた扇に関する資料や知識を纏め、「賣扇庵扇譜」という本を出版しています。





tak miyawaki66.jpg





この写真で、永見先生の左手にある濃い色の額に収まっているのは、色々な種類の木による扇子の親骨の見本です。





tak miyawaki67.jpg


tak miyawaki68.jpg





扇子の博物館とも称すべき宮脇賣扇庵作品展示室入口の左右に掛けられているのは 当時の皇后陛下と清子内親王殿下(現在の 太上皇后陛下と伊勢神宮祭主 黒田清子様)の御写真





tak miyawaki70.jpg





永見隆幸先生は、宮脇賣扇庵の煤竹の扇子や投扇興の道具にお詳しく、お話をお聴きして、特集記事に纏めさせていただくつもりでおります。

請う、ご期待!





永見隆幸 荒井文扇堂 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.ss-blog.jp/2020-08-01-1
 ↑
NAGAMI Takayuki visited Araibunsendo


永見隆幸の最新プロフィールはコチラ!
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ?


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑ 
MAC Website Manager

永見隆幸 荒井文扇堂 訪問 浅草 文扇堂 扇子団扇専門店 江戸扇子 [永見隆幸 扇子]



音楽家、著作家、舞台ディレクターの永見隆幸先生が、東京 浅草にある扇子と団扇を専門に扱う老舗の名店「荒井文扇堂」を訪問されました。



taka bunsen 1.jpg
荒井文扇堂女将の荒井利恵さん(左)永見隆幸先生(右)写真は「全ての工程を一人で仕上げられる唯一の扇子職人」と謳われた文扇堂四代目店主の荒井修さん





taka bunsen 2.jpg





温故知新を実践なさり、分野を問わず、古い物にも新しい物にも興味を示される永見先生。

その中でも、木や紙や土や布などの、天然自然由来の材料を用いた手仕事の作品がお好みのように拝察します。

選ばれるものは、永見先生の芸術的な感性を刺激し、かつ職人の精緻な技術に裏打ちされたものばかり。

櫛は想定外でしたが、扇子は若い頃から使っていらしたし、たいへんお似合いでもあったので、恐らく造詣が深くていらっしゃるだろうと想像しておりました。

早速、先生に伺ったお話を纏めて記事にさせていただきます。





taka bunsen 3.jpg
明治の創業以来120年を超える老舗の名店「文扇堂」





taka bunsen 5.jpg
浅草 槐の會 お客様おもてなしマガジン『日本の扉 浅草 槐の會』2020年春夏号 "The Door Step to Japan vol.44" に、文扇堂四代目店主 荒井修さんの記事が掲載されています。


taka bunsen 6.jpg


taka bunsen 7.jpg





荒井修さんには、多くの著書があります。


taka bunsen 8.jpg
江戸・東京 下町の歳時記(集英社新書)
浅草の勘三郎(小学館)
江戸のセンス - 職人の遊びと洒落心(集英社新書)
浅草 謎歩き散歩(新人物文庫)
真ん中の写真は「浅草 老舗旦那のランチ」(小学館)の一コマ

名扇子職人であるのみならず、荒井修さんは、江戸時代からの文化や風俗にも詳しく、その分野においても活躍されています。





taka bunsen 10.jpg
荒井文扇堂と親交がある中村屋の「平成二十九年猿若祭二月大歌舞伎『門出二人桃太郎』」で取られた勘太郎と長三郎と勘九郎の隈取 くまどり の前で

永見先生(右)文扇堂女将の荒井利恵さん(左)





taka bunsen 11.jpg
錚々たる歌舞伎役者の招木が掛けられています。
右から
市川團十郎 いちかわ だんじゅうろう
中村時蔵 なかむら ときぞう
中村橋之助 なかむら はしのすけ
中村児太郎 なかむら こたろう
中村芝雀 なかむら しばじゃく
中村勘九郎 なかむら かんくろう
坂東玉三郎 ばんどう たまさぶろう
中村智太郎 なかむら ともたろう
片岡孝夫 ~ 仁左衛門 かたおか たかお ~ にざえもん





taka bunsen 12.jpg
こちらにも錚々たる歌舞伎役者の招木
右から
市村羽左衛門 いちむら うざえもん
尾上菊五郎 おのえ きくごろう
市村萬次郎 いちむら まんじろう
市川左團次 いちかわ さだんじ
坂東八十助 ~ 三津五郎 ばんどう やそすけ ~ みつごろう
坂東彥三郎 ばんどう ひこさぶろう
坂東正之助 ばんどう まさのすけ
尾上辰之助 ~ 松緑 おのえ たつのすけ ~ しょうろく





歌舞伎役者、各流派の舞踊家、噺家、芸者さんなど、文扇堂の御贔屓には、多彩な名士が名を連ねます。
特に、五代目 坂東玉三郎丈、十八代目 中村勘三郎丈、十代目 坂東三津五郎丈、十二代目 市川團十郎丈、六代目 尾上菊五郎丈、十一代目 市川海老蔵丈、六代目 中村勘九郎丈を始め、文扇堂には、歌舞伎役者の常連が多い事でも知られています。





文扇堂は、橘流寄席文字書家で江戸文字の大家として知られる橘右之吉師匠とも親交があり、扇子に江戸文字を入れたい時、右之吉師匠にお願い出来るのは、非常に大きな特典です。





taka bunsen 15.jpg



taka bunsen 16.jpg





扇子は、日本で発明されたものです。それが中国に渡り、シルクロードを通じてヨーロッパに広がって行ったのだそうです。





江戸扇子と京扇子には、異なるところがあります。江戸扇子は、骨の数が15~18本と少なく、折幅は比較的広く、すっきりした絵柄が特徴です。京扇子は、骨の数がおよそ25〜35本と多く、比較的折幅が狭く、優雅な絵柄が特徴です。
江戸扇子は「粋 いき」、京扇子は「雅 みやび」、と言われています。
京扇子の起源は、平安時代で歴史的にも古く、各工程の分業が確立しています。江戸扇子は、武家社会において発展した故に全体的に簡素で、素材や見えないところに凝って装飾も隠喩が主流、分業ではなく殆どの工程を一人で仕上げる事が多いそうです。





扇子の構図には、かなり制約があるのだそうです。扇子に絵柄をつけるのは折る前なので、折った時を考えながら絵柄を描かなければなりません。例えば、扇子の「日の丸」は、平面にすると横長の楕円なのだとか。濃淡も大事で、折山の影になる部分は、濃く見えてしまうので、実際の絵柄は下絵よりほんの少し色を薄くするのだそうです。

扇子の絵柄ならではの技法も数々存在するそうです。例えば、あえて全体を描かずに、扇面から外を想像して貰う手法を「ノゾキ」と言います。
日本画での余白に当るものを、扇子では「ツマ」と呼ぶらしいのですが、広さを感じて貰うためには、「ツマ」を上手く用いなくてはなりません。
また、膠 にかわ が強すぎると、折った時に顔料が割れてしまうので、顔料を薄くして絵柄に奥行きを出すために、「たらしこみ」という暈 ぼか す技法を用いるそうです。
関連する図案や意匠を描いて他のものになぞらえる手法は、「見立て」といいます。





お客様が喜んでくださる意匠を生出すには、触れて来た沢山の意匠を自分の中できちんと消化し、新しい形にして表現する事が大切だと荒井修さんはおっしゃっています。

荒井さんならではの、技術力、表現力、柔軟な発想、遊び心などを絶妙に結び付けられたからこそ、素晴らしい粋な扇子の数々を生出されて来たのでしょうね。





taka bunsen 17.jpg

河童の釣り

文扇堂オリジナルで、四代目のお弟子さんが絵付けをしていらっしゃるそうです。

taka bunsen 18.jpg





taka bunsen 20.jpg

達磨と河童の睨めっこ

これも文扇堂オリジナル

taka bunsen 21.jpg





taka bunsen 22.jpg

縞と勝虫 かちむし(=蜻蛉) 文扇堂オリジナル

taka bunsen 23.jpg





taka bunsen 25.jpg

縞と松葉 文扇堂オリジナル

taka bunsen 26.jpg





taka bunsen 27.jpg

この風通し入り二段張の渋扇は、文扇堂五代目店主の荒井良太さんが考案されたものです。先代の意匠や技術を踏襲するのみならず、新しい扇子を生出されるとは、やはり四代目の血を引いていらっしゃると、感服致しました。

永見先生は、この扇子が大層お気に召して、ほかの二色と大き目の寸法で、新しいものを誂えていただくそうです。

taka bunsen 28.jpg





taka bunsen 32.jpg

荒井文扇堂の扇子袋

taka bunsen 33.jpg





taka bunsen 30.jpg





先生は、煤竹 すすたけ の扇子がお好きなので、ほかの職人さんの煤竹江戸扇子も、お持ちです。

しかし、江戸扇子と言えば、やはり「文扇堂」が一押しと、永見先生は、おっしゃいます。

殊に、扇子の作りと絵柄が、抜きんでているように思われるそうです。





taka bunsen 31.jpg
四代目もご一緒に談笑されているかのようです ♬





永見隆幸 荒井文扇堂 再訪
 ↓
https://merry-3.blog.ss-blog.jp/2020-10-08
 ↑
Takayuki Nagami visits Arai-Bunsendo


永見隆幸の最新プロフィールはコチラ!
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ?


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑ 
MAC Website Manager

永見隆幸 扇子 ブログトップ