SSブログ

永見隆幸 龍谷山本願寺参与に推挙 [永見隆幸先生information]



音楽家、著作家、舞台ディレクターの永見隆幸先生が、京都にある浄土真宗西本願寺総本山「龍谷山本願寺 りゅうこくざん ほんがんじ」の参与、浄土真宗本願寺名古屋西別院の参与、両方に推挙され、就任なさいました。



taka shunyu 1.jpg
浄土真宗本願寺名古屋西別院の 羽川俊裕 副輪番(左)永見隆幸先生(右)





浄土真宗西本願寺の正式名称は、「浄土真宗本願寺派」。正式に定められたのが、明治十四年=1881年だそうです。第二次世界大戦後は、真宗十派のうち、本願寺派が「浄土真宗」、ほかの九派は「真宗」を公称としているのだとか。親しみを込めて「お西さん」とか「本派 ほんぱ」と呼ばれる事もあります。開祖 親鸞聖人の御生誕が承安三年=1173年(平安時代 高倉天皇)ですから、八百年を超える歴史を誇ります。


浄土真宗本願寺派の門徒は、八百万人近くいらっしゃるそうです。これは、浄土真宗の各宗派の中で最も多い数です。仏教系の宗教法人としても最大なのだとか。浄土真宗本願寺派の僧侶は、優に三万人を超え、寺院も全国に一万余あります。





goeidou.jpg
龍谷山本願寺 国宝 御影堂 ごえいどう





西本願寺参与には、浄土真宗本願寺派に所属する寺院の僧侶や寺族や門徒で、本願寺の護持発展に努め、法義篤信な方を推挙し、就任していただいているという事です。二百名くらい、参与の方がいらっしゃるのだとか。

永見先生にこの事を伺うと、過大評価ですと仰 おっしゃ って、「自分なんぞは、煩悩具足の凡夫の最たるもの。迷える子羊の筆頭もいいところです。何かの間違いで推挙していただいた」と今でも思っていらしゃるそうです。

昔からの家系図や御位牌が、永見家には、ちゃんと残っていて、戦国時代は陶晴賢の家臣であったとか。その後、毛利家に仕え、長州藩士になり、明治維新の時に上京されたらしいのです。戦国の世から、永見家は、西本願寺の門徒だったそうで、「それを引継いでいるだけなのですが」と謙虚に説明しておられました。


永見先生は、伊勢神宮 内玉垣南御門外にての御垣内特別参拝を許されていらっしゃったり、教会に依頼されて宗教曲を歌われたり、宗派に囚われていないところが本当に素晴らしいと思います。

かみさま ほとけさまは、心の問題。排他、強制、独善はいけないと永見先生は仰います。先生にとっての「かみさま ほとけさま」は、「大自然の法則 や 宇宙の神秘」そのものだそうです。





taka meishi.jpg





永見先生は、決して自慢話や苦労話や言い訳をされないので、この話を知る人は極めて少ないのですが、先生は、ご自身が拵 こしら えた訳でもない30億円に及ぶ負債を返済されています。その実績によって、抜群の信用を得ていらっしゃるのです。その間のご苦労は、想像を絶するものだったと、関係者から伺いました。

永見先生がアメリカやヨーロッパにおいても活躍していらっしゃることは、よく知られていますが、たった一人で芸術家としての道を切拓かれたのですから、その点でもたいへんな苦労をなさったのは、言うまでもないことです。

何でも、永見先生が分限者 ぶげんしゃ だからと、簡単に片付けてしまうのは、正しくありません。苦労人であり、懐の深い、器の大きな、人徳ある方だからこそ、こういうところに推挙されて当然だと、私は思います。





taka shunyu 2.jpg
本願寺名古屋西別院発行紙の取材を受けられる永見先生(右)





taka shunyu 3.jpg





taka shunyu 5.JPG
永見先生ご実家の法要にて導師を務められる羽川副輪番(右)





taka shunyu 6.jpg





永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ?


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑ 
MAC Website Manager